てんかん

鹿沼事故民事訴訟第1回口頭弁論

 先日の大雪で市内マキノ町在原地区がなだれによって孤立したわけですが、自衛隊の災害出動要請が滋賀県と市役所の連絡不手際でスムーズに行かなかった滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 陸自が地元に駐屯しているのに…。平成の大合併もあらかた終わったことだし、災害出動要請は市町村からでもいいんじゃないかな?

 

 ネタ元→高島市の陸自要請、県に伝わらず 2日に集落一時孤立‎(中日新聞

 

 さてこんな裁判のニュースが。仕事が忙しすぎてブログに書くのが10日以上遅れてます。

 

 鹿沼のクレーン車暴走:損賠請求訴訟 「事故の責任明確に」 遺族、答弁書に怒り--地裁第1回口頭弁論 /栃木  (毎日jp

 

 まぁご遺族にしてみれば当然の思いです。

 

 母親には明らかに責任があるでしょう。特に上の記事にあった「事故を起こすたびに何度も車を買い与え」というのが事実であれば法的にも確定でしょう。事実であればこの母親はちょっと正常な思考力を持っていたとは思えないですね。いずれにせよ事実認定を含めた裁判の結果待ちかな?

 

 ただ出廷しないというのは健康上の理由でもない限りちょっと理解できないですね。

 

 一方勤務先の企業の責任はどうでしょう?本人から申告がなかった以上勤務中の事故とはいえそこまで責任を問えるのか?という気がします。

 

 強いて言うなら本人に繰り返し念押しして確認していたかということが争点になるのかな?しかし一私企業に本人が隠している業務に差し支える既往症を確認するというのはなかなか困難なことではないのかなと思います。

 

 もちろん就職時健康診断は受けてもらっていたと思いますが、もし本人が「てんかんについては診断書に記入しないで」と依頼したり、あるいは普段てんかんで通院している病院と全く情報のやり取りのない病院で健康診断を受けてそこで「てんかん」について黙っていたら、会社に提出された診断書にはてんかんについての記載がないものになる可能性はありますよね。

 

 服薬している患者さんは血液検査すれば薬の成分が検出されますからナンダこれ?となり、そこからてんかんにの既往症があることが明らかになりますが、今回の事故の受刑者のように普段から服薬を怠っていると健康診断をすり抜けてしまう可能性もありますね。

 

 会社で毎年実施している健康診断はどうしていたんでしょうね?という疑問もあります。

 

 本人が申告しない・会社が知りうる健康診断でてんかんが発覚しない・もちろん勤務中に発作がないということになると会社の監督責任というのはなかなかちょっと立証しにくいのではないかなと思います。

 

 それにしても、民事訴訟における被告となっている本人(懲役7年受刑中)と母親の態度次第でてんかん患者に対する人々の見方が確実に影響受けるよなと思うとゾッとします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

通院報告20120111

 今週の金曜日に福祉職の就職説明会が開かれる滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 ネタ元→高島市ホームページ

 

 先日11日水曜日に診察を受けにいつもの公立高島総合病院に行ってきました。

 

 仕事の合間にチョット職場を抜けて行って来たのですが、職場から病院までは電車で約50分。チョット抜けて行って来る距離ではありませんねぇ。(笑)

 

 それも9:00に銀行で前日の売り上げを送金する作業を済ませてからなので、移動時間を見込むと実際に受診できるのはお昼ごろになってしまいます。

 

 診察そのものはものの3分もなく、いつもどおりの問診で終了。そろそろ脳波検査を受けられませんかね~?

 

 処方はいつもどおりデパケンR2ヶ月分。震災前は3ヶ月分の処方でしたから、まだまだ製薬工場は震災前の生産体制が復旧していないようです。

 

 そして自宅最寄のいつもの調剤薬局に行ってみると「移転しました」のお知らせ。Orzよく移転しますねぇこの薬局。それも半径1km圏内で。そして明日にならないと薬が入荷しないというお知らせ。う~ん。もうちょっとなんとかなりませんかねぇ。

 

 そしておまけエピソード。当店のスタッフに元病院のスタッフだったという人がいます。その人に「病院行って来ます」と言ったら、あとで心配されて「大丈夫ですか?」とあんまり言うもので、実ははかくかくしかじかと説明したら、「ああうちのおじいちゃん(ここでは旦那さんのお父さんの意)もてんかんでした」とのこと。

 

 ひょんなことからてんかん患者が身内にいる人が身近にいたという発見もあった今回の通院でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年年始の目標

 東日本大震災の被災者への義捐金が昨年51,841,363円集まった滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 人口5万ちょっとの市にしては結構集まったのではないでしょうか。何とか有効に使ってもらえたらと思います。

 

 ネタ元→高島市ホームページ

 

 例によってお店(もちろん職場)で年越しでございます。ホントはさっさと引き上げるつもりだったのですが、店のパソコンのデータ更新が終わらないとあとチョット残った仕事が終わらないので…。

 

 というわけで、今年のてんかん患者としての目標。

 

 発作をおこさない。何がなんでも起こさない。デパケンRと十分な睡眠と図太くマイペースを貫くことで、後は気合と根性(?)で起こさない。(笑)

 

 あとは仕事でまる一日休んでもお店が大丈夫なようにすること。(もし発作が起きて休む必要ができた場合、回復に専念したいし)

 

 開業半年ということもあるけど、まだ店の体制がしっかり固まったとは言い難いのね。おまけに副店長として起用した人が口だけ番長に劣化中という、あまり笑えない事態になっていますので…。代わりに誰かを起用して何とか安心して休みを取れるようなお店の体制を構築したいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通院報告2011年6月21日

 若狭湾の関西電力の原子力発電所が30km圏内にあるもので滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 そりゃ自衛隊の専門部隊を置いて欲しいというのも当然の発想なわけでして…。

 

 ネタ元→地域防災計画:陸自の専門部隊派遣を 高島市、計画への盛り込みを県に要望へ /滋賀毎日jp

 

 火曜日にいつもお世話になっている 高島総合病院に行ってきました。

 

 「発作ありませんね~?変わったところありますか?気になるところは?」という具合に問診のみ。

 

 処方はいつものデパケンR。ただ震災の影響で薬の生産がまだまだ復旧していないそうで、今まで3ヶ月分処方してもらっていたのが2ヶ月分のみ。

 

 やっぱりいろいろ大変なんでしょうか。協和発酵キリン株式会社さん。でも薬剤師さんに言わせると配給になっている薬もあるそうですね。デパケンはまだマシなのか。

 

 話は変わりますが、お店のほうですが昨日店舗引渡しでした。まだ幾らか工事が残っていたりしますが。田舎の国道沿いの店なので駐車場だけは広いです。思ったよりも…事務室が狭っ。今日からスタッフさんの研修が始まります。なんとか脱落せずに付いてきて欲しいものですが、時給もそんなに出せないし仕事も結構ハードですしどうなりますかね?

 

 あ、真面目な話。もしバイトとか店長候補として働きたいという方(患者さんや家族の方も含めて)いらっしゃったら相談には乗れます。まぁある程度発作がコントロールできていることが前提条件にはなりますが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

てんかん患者にコンビニオーナーは務まるか

  市内で地震が起きた場合自動車での避難はビミョウ…らしい滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 やっぱり自転車最強説?

 

 ネタ元→湖西の震災、車避難注意 高島で防災シンポ 京都新聞

 

 栃木の死亡事故の一件ばかり記事にしてましたが、たまにはワタクシの近況について。

 

 相変わらず発作なし。彼女なし。仕事は相変わらず忙しい。

 

 そんな中ワタクシしろのすけ独立開業することになりました。ようやく労働基準法無視されまくり状態からの脱出を図れます。

 

 とりあえず某コンビニを一店舗開業いたします。もちろんいろいろ打ち合わせなどは今年の早い時期からしていましたが、最悪でもまぁ何とかなるでしょという目処が付いたのと契約書へのサインも終わりましたのでこうして皆様に報告させていただくことができるようになりました。

 

 場所・チェーンについてはまぁ内緒にしておきます。一応滋賀県内ですけど。

 

 というわけでこのブログにもう1つテーマが加わることになります。「てんかん患者にコンビニオーナーは務まるのか?」というテーマですね。

 

 まぁある程度のお金と経験があればできるとは思うんですけどね。実際今まで雇われ店長をやってきたわけですから。お金はまぁ何とかなったし。

 

 何でご飯を食べていくかという点で1つのモデルケースになれたらなとは思いますね。同業の方でてんかん患者の方っているのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について②

 残念ながら地元の山で遭難事故があった滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 今年は昨年に比べても平年比でも気温が低いですから、体力の低下のスピードが想像以上だったのかも。

 

 ネタ元→比良山系で遭難、女性団体職員死亡 滋賀 MSN産経ニュース

 

 え~個人的には自分の周囲で急にドタバタ物事が展開しておりまして。

 

 そんなこんなで今ごろ栃木県鹿沼市でてんかん患者起こした事故についての記事その②です。

 

 と、その前に追加情報。容疑者の事故履歴と医師の対応についての情報。

 

 栃木・6児童死亡事故 柴田容疑者、7年間に6件の物件事故 MSN産経ニュース

 

 医師、運転しないよう指示 栃木のクレーン車事故容疑者に東京新聞(TOKYO Web)

 

 それじゃあ上記の情報を踏まえたうえで2つめの疑問。

 

 「栃木県警・公安委員会は何で容疑者に免許交付したの?」

 

 てんかんの持病自体については自己申告というザルシステムなので行政現場にその責任を追及するのは、矛先が違いますよね。

 

 でも、さすがにこれだけ事故を起こしている人間に何もなしで免許交付というのはおかしくないか?

 

 事故記録・違反記録でコイツ大丈夫か?という疑問は出てくるだろうから、そのあと適性検査と血液検査と実車での検定と面談をしてからでも免許交付しても別に誰も文句は言わないと思いますけどね。

 

 でも法的裏付がないと何もできないとか言われるかもね。別に法律を改正しろとは言わない。でも警察庁・公安委員会で政令を改正してくれたら今すぐでもできるわけだし。

 。

 てんかんに限らず意識消失による事故というのは実際に起きているわけですから、事故防止に積極的に動かないと監督官庁が被害者から不作為で損害賠償請求されるかもね。

 

 3つめの疑問については担当医は明確に「運転するな」と言っていたということですね。現行法のもとでの責任は果たされていたということです。

 

 でも事故は起きて6人の子供たちが失ういわれのない命を奪われた。

 

 じゃあ医師の側で何ができるか。もちろん「運転するな」と言ってある患者が運転しているのを知ったなら、警察に通報の義務を課すべきかもしれない。

 

 でも今回のように医師にも「運転していません」と言いながら実際に運転している人にはどうしたらいいだろう?

 

 究極的には患者情報を警察に提供しなければならなくなるかもしれないですね。基本的には免許取得・更新の段階で健康診断を受けてもらって運転に問題がないことを診断書に書いてもらうスタイルになるかと…。

 

 警察・医療機関双方に言えることですけど、これからは患者のモラルに頼った性善説的な発想で免許交付しちゃダメということですね。患者は嘘をつくことがありその結果取り返しが付かないこと起こり得ることが今回の事故ではっきりしたわけですから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について

 桜がまだ楽しめる滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 さすがに今日の雨で散っちゃうかな?

 

 ネタ元→高島市観光情報 ―人と自然のおもてなし― (社)びわ湖高島観光協会

 

 さてここ数日多くの方に訪問いただいたようで、その原因となったと思われる事故(事件といってもいいか)について冷静に考えをまとめておこうと思います。

 

 クレーン車事故:運転手「薬を夜飲み忘れ朝飲んだ」毎日jp

 

 そうです。栃木県鹿沼市で小学生6人が犠牲となった事案です。

 

 まず事故のニュースを聞いて運転手がてんかん患者でどうも発作をを起こしたらしいと聞いた時、「またか。無責任な。何という迷惑な。」というのが率直な感想です。

 

 で、続報が入ってきて「?」と思うことだらけ。

 

 ええとてんかん患者の自動車運転についてのガイドラインは次の通り。→道路交通法改正にともなう運転適性の判定について

 

 で、報道によると3年前にも発作による意識消失と見られる事故を起こしていますね。この時点で容疑者には免許所持資格はない。

 というか大型特殊をなぜ持っている?という疑問が出てくるわけですか。というのもてんかん患者の自動車運転は普通自動車一種免許を想定されていて、今回のように通常仕事でしか乗らないでしょというような大型特殊なんかあり得ないわけです。業務で自動車を運転する仕事には就かないというのもガイドラインの大前提になっていますので。

 

 また「夜、薬を飲み忘れ朝飲んだ」という供述があるようですが、これが事実ならそもそも運転が許容されるレベルではない。普段きちんと服用している人が抗てんかん薬を1回飲み忘れて薬の有効成分の血中濃度が発作を抑えることができなくなるレベルまで急激に下がるというのは考えにくいのよね。

 

 普段から薬を処方どおり服用できていなかったのでは?(逮捕後血液検査はしたのかな?)それともそれだけ薬の服用が欠かせないてんかんの病状だったのか。どちらかでしょう。

 

 あととりあえず私たちてんかん患者・家族・医療関係者・運転免許に関わる人が知りたいのはこの容疑者のてんかんの状態そのもの。ひととおり関連記事を見たけど載っていないのね。発作の頻度・タイプ・処方されていた薬などですね。現時点では非公開扱いかもしれないが裁判になれば公開されますよね。

 

 この容疑者について言えば、結論としては当然有罪でしょう。危険運転致死罪(悪質な飲酒運転による事故とかで適用される罪名)もありえるでしょう。あと当然民事責任もありますしね。どうするつもりなんでしょうね。

 

 しばらくこのブログも今回の事案(この言葉を使うのは事故と言うにはあまりにも無責任な態度が見え隠れしていると感じるので)の話題が続くことになるかと思います。

 

 とりあえず①容疑者本人の責任(当然有罪。危険運転致死罪も適用されてもおかしくない。加えて民事責任どうするんでしょうね)②栃木県警・公安委員会の責任③担当医の関与は?④家族の責任(横浜と鹿沼と家族の存在が共通項になっているように思います)⑤再発防止のために何が必要か⑥てんかん患者が自動車を運転しなくても済むには⑦協会の実態と責任の有無⑧てんかん患者個人に求められる覚悟という具合に書いていきたいと思います。

 

 とりあえず今回は①容疑者本人の責任について書いてみました。続報が入ればまた記事を追加したいと思います。

 

 あとお願いですね。てんかんという病気はほんとに十人十色どころか百人百様なのでてんかん患者を一括りにして議論するのは現実的ではないです。というわけで皆さんの中にも実際にてんかん患者を見た方・個人的に知っているという方もいらっしゃると思います。でもその患者さんのケースが全ての他の患者さんに必ずしも当てはまらないということを頭の片隅に置いていただければありがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通院報告101029

 先日のプロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから育成枠3位で指名された川口選手が所属している滋賀・高島ベースボールクラブの本拠地滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 高島市からプロ野球選手って史上初じゃないか?

 

 ネタ元→育成ドラフト 楽天は加藤、木村、川口3人指名 河北新報

 

 あっそうそう。久々に病院に行ってきました。もちろん自転車で。

 

 それにしても通院の時間がなかなか取れないなぁ。土曜に診察してもらえるとホントありがたいのに。

 

 まぁ当日に予約を入れて午前中に診てもらえたのはラッキーだったかな。予定時間を1時間過ぎたのはまぁご愛嬌。というか想定の範囲内。

 

 診察してくれたお医者さんは「初めまして」の方。そんなわけで一通りカルテの確認&問診。発作はないので処方箋はいつものとおりデパケンR。

 

 今回印象に残ったのはストレスは溜めていませんか?ということを繰り返し聞かれたことなんですよね~。そりゃまぁストレスは発作の遠因または引き金になりますからね。けど今までの担当医からはあんまり聞かれなかったもので、ちょいと印象に残りました。

 

 コンビニの店長なんてやっているとストレスは溜まりますよ、そりゃ。そこをですね、如何に発散させるかということなんですけど…。

 

 でも今の状態が如何に睡眠時間を確保するかというとんでもないレベルなのでね~。(このところ風邪が流行っているのかダウンするスタッフ多過ぎ。)ストレス発散させるとかの前にまず寝ましょという感じです。

 

 とりあえずこれから波11月号を読んでみます。そのレポはまた後ほど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波9月号

 台風9号が上陸した敦賀市のお隣、滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 多少風がありますが、実害は全くなく学校も通常通りです。

 

 ネタ元→100900_1

 

 気象庁HP台風情報より

 

 

 

 

 

 

 

 それはそうと波9月号が来ないなぁと思ったら、何と親父が読んでいた。

 

 読んでくれてぜんぜん構わないんだけどさ、まず本人に読ませろ(笑)

Ca8qk6va

 特集記事は学校と親との連携。う~ん、内容は良かったのですが、この特集は春先にして欲しかった…と思うのは僕だけでしょうか?

 

 まぁ欲を言えば成功例だけでなく、うまくいかなかった例も取り上げてその原因も掘り下げてみても良かったですね。だってこの分野で悪戦苦闘している患者さんの親御さんのブログ結構見かけるもんなぁ。

 

 自分?思い返せば高校1年の秋に早朝補習前の教室で初発作。目撃者もなし。倒れているところを発見されたそうな。ただ当時はてんかんという認識もなくそのまま放置。

 

 その後2年の秋にになってから英語の授業中に発作。当然のことながら目撃者多数。その後なぜか24時間のポータブル式心電図を取る。

 

 高校3年になって5月と9月に発作。5月は学校で、9月は自宅で初発作。

 

 学校(高校)の当時の対応としては、高校2年の発作以降は保健の先生が病院への紹介状を書いたり、一応発作時の対処の仕方は他の先生たちに説明してくれたみたい。進路については…う~ん、心配はしてくれてはいたけど、てんかん患者の就職についての現実の深刻さについては認識はしていなかったかな?まぁ、本人も全然その深刻さは理解していなかったので無理もないけど。

 

 親?当時はもっと問題を解っていなかったように思いますね。祖父さんの介護問題でイッパイイッパイだったというのもありましたから。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東北大てんかん科についての読売新聞の記事

 8/5からアフタヌーン・リビングで販売されているトートバックの材料である高島帆布の生産地、滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 ネタ元→アフタヌーンティー・リビング、8月5日に「高島帆布」のバッグシリーズ発売J-CASTニュース

 

 今日の読売新聞ネット版に今年3月に東北大医学部に「てんかん科」が日本で最初に開設されたとのニュースが出ていましたね。というか静岡てんかん・神経医療センターなど「てんかん」が施設名に含まれている医療機関があったので「てんかん科」が日本初と言われても「え?そうなん?なんか意外。まぁ少数派なのは間違いないな」という感じです。。

 

 ネタ元→全国初のてんかん科教授になった中里信和さん医療 介護 健康 ニュース yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

 

 記事の中で気になったのはこの部分かな。

 

 「主要都市でも、「10年前の治療」を受け、治らないままあきらめている患者に遭遇した。けいれんなどの発作のため職場を辞めるなど、病気以外の悩みを抱える人も少なくなかった。」

 

 う~ん。ここ10年間で特に外科手術・新薬の分野で進歩が見られたの事実。

 

 もちろんその恩恵にあずかれるタイプのてんかん患者さんもいるんだろうし、そうでないかタイプのてんかん患者さんもいる。

 

 私なんかデパケンRを15年以上飲んでそこそこ発作を少なくできているので、「10年前の治療」なんて言われるとねぇ。「?」と思っちゃうのも正直なところ。

 

 まぁ全てのてんかんのタイプを一括りにしての発言ではないと思いますが。

 

 「病気以外の悩み」についてはもっと掘り下げて記事を書いて欲しいですね。それも継続的に。

【1日限定全品ポイント10倍!】8/11 23:59まで 帆布工房 トートバッグ 3X26 【消費税込価格!送料525円!】【鞄】【かばん】【メンズ】【レディース】【楽ギフ_包装】 【1日限定全品ポイント10倍!】8/11 23:59まで 帆布工房 トートバッグ 3X26 【消費税込価格!送料525円!】【鞄】【かばん】【メンズ】【レディース】【楽ギフ_包装】

販売元:water mode
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧