てんかん患者のお金の話

おいくら?

 衛星携帯電話以外の携帯電話が全くつながらない集落が3つある滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 というかワタクシの職場の事務室、駅から300mのところにあるんですが電波の入りがメッチャ悪いんですけど…。ちなみにauでございますが。

 

 ネタ元→高島市:災害時備え、衛星携帯電話を3地区に貸与 /滋賀毎日jp

 

 ブログを書くにあたって「てんかん」でニュース検索するのが日課なんですが、今日はこんなニュースが。

 

 医療過誤で神戸大提訴 半身不随の男性、1億4000万円請求MSN産経

 

 「脳外科手術を受けた後に左半身不随とてんかん発作が出ました。原因は医療ミス?もしそうだとしたら損害賠償は1億4200万円?(←金額のソースは神戸新聞)」という裁判ということですが。

 

 ちょいと気になるのはこの損害賠償請求の金額のうち「てんかんの後遺症に対する損害賠償はどれくらいなのか?その算定の根拠は?」ということなんですよね。

 

 判決はまだまだ先の話とは思いますが、この裁判を一応マークしておこうと思います。 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民年金給付額アップ?

 今月の20日PM2:00から市内高島町勝野にあるガリバーホールでウィーン・ピアノデュオ・クトロヴァッツコンサートが開かれる滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 一般2000円、当日2500円、高校生以下1500円なのでぜひどうぞ。

 

 ネタ元→きょうの催し案内京都新聞

 

 さてわたしたちてんかん患者の中でも学校卒業以前に発病した人にとって「お?」と思える記事が出ていましたね。

 

 年収160万未満の低所得層に基礎年金加算…政府・与党検討YOMIURI ONLINE

 

 多分…学齢期またはそれ以前にてんかんを発症した患者さんはその大多数が就職に苦労しているわけで…。その結果厚生年金をもらえるような就業形態で働ける人はそうは多くないでしょうね。

  

 加入している年金が国民年金だけという人も多いのじゃないかな?

 

 もしこの検討案が実現すれば、てんかんの持病を抱えながら必死に働いて国民年金の保険料を納めている人にとっては少しは溜飲が下がる思いがするのだけど。自分も含めて。

 

 てんかん患者だからといってすべての患者さんが障害者手帳・障害年金がもらえるわけではないのでね。しかもてんかん患者にだってもれなく老後は来るわけですから。

 

 しかしこの検討案にしたって正直イマイチな気がするなぁ。生活保護が8万円。国民年金が8万3千円。これでは現在年金保険料を納めていない人に「やっぱり保険料納めよう」と思わせるのは無理があると思うのですが。 

日本の年金制度に未来はあるのか
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
Book 障害年金の請求の仕方と解説―精神障害者・知的障害者のために

販売元:中央法規出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

株買おうかな

 不動産業の男性が詐欺の疑いで逮捕された滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 まじめに営業している他の不動産屋さんにしてみれば迷惑な話ですよね~。

 

 ネタ元→農地売買で1400万円詐取 高島署、容疑の業者逮捕京都新聞

 

 さて、いろんな手続きを経てようやくトピナ錠が発売されます。

 

 ネタ元→協和発酵、抗てんかん剤「トピナ錠50mg、同100mg」を発売日経プレスリリース

 

 ここでフト思った。いつもデパケンRやら今回のトピナ錠でてんかん患者がお世話になっている協和発酵さんを応援したいなぁ~と。

 

 応援といってもいろんな方法がありますけど…食品を扱う関連会社の協和発酵フーズの製品を買うというのも手だけど…。

 

 ここは思い切って協和発酵に投資してみましょうか。つまり株を買ってみましょうか。

 

 ちなみに今日の株価はというと前日比1円プラスの1,183円。

 協和発酵の株価→http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4151&d=t

 

 単元株数が1,000株ということは購入に1,183,000円要るってことか。う~ん、無理したら出せない額ではないけど、ひとつの銘柄に資金を集中させるのはリスク管理としてはあまりオススメできないことだよなぁ。

 

 というわけで断念。(TT)

 

 すみません。ミニ株ありませんか?

| | コメント (0)

2万円

 メジャーリーグ通産50勝を達成した大家友和選手がGMを務めている大家ベースボールクラブ | OBC高島の本拠地である滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 ネタ元→”野球大好き努力家“を祝福 大家 メジャー50勝京都新聞

 

 え~今日、国民健康保険税仮算定分(4~7月分)を払ってきました。今日が4月分の締切日だったもので。4期分(4カ月分)で¥20000ナリ。

 

 去年も書いたかもしれないけど、コンビニで国保の支払いができたらいいのにね。 

| | コメント (0)

請求書は次々と

 今年の8/16~19に開かれる「びわ湖全国青少年演劇祭」の参加団体・スタッフを募集している滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 申し込みは実行委員会(seishonen@city.takashima.shiga.jp)(市教育委員会青少年課内)まで。締め切りは6/28まで。

 

 「全国」って銘打っちゃいましたけど、ちゃんと日本中から参加団体の応募があるのでしょうか?

 

 ネタ元→高島市ホームページ びわこ全国青少年演劇祭参加団体募集!

 

 さて先日「国民年金の支払いを少しでも抑える」で書きましたとおり、近所のファミリーマートで国民年金保険料を一年分(¥166,200)前納してきました。もちろんファミマカードのクレジット払いで。おかげで1662円分のポイントをゲット~♪

 

 もっとも来月さっさと精算してしまわないと、当然のことながら利子が付いてしまいポイントを狙いでクレジット払いした意味がなくなってしまうのでご用心。

 

 ヤレヤレと思ったのもつかの間、高島市から一通の封筒が。中身はコレ(↓)

 国民健康保険税(保険料)の通知書です。全12期中、第1~4期分が仮算定で請求されています。これキチンと払っとかないと診察時に10割負担になってしまいますので。

 

 国民年金と国民健康保険の2つだけでも年間20万円以上の支出になりますが、毎年のことながら結構痛いですわ。

 

 まぁとにかく「障害者手帳がもらえないが、てんかんの既往症のために就職が困難」というてんかん患者として生きていくためには国民年金と国民健康保険税は毎年予算を計上しておくことが必要な項目であることには間違いありません。

 

 就職支援のために障害者手帳の発行に対して行政が積極的になればかなりの程度解決できる問題なんですけどね。

 

| | コメント (0)

国民年金の支払いを少しでも抑える

 現在市内の今津総合運動公園で「第8回全国ソフトテニス女子研修大会」が開かれている滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 黄砂と冷たい強風の中で大変だとは思いますがケガだけはしないでください。

 

 ネタ元→女子ソフトテニス部員が熱戦 高島で研修大会 京阪神から400人京都新聞

 

 え~と、新年度に入ってこれほどスピーディーに送付されたことはかつてなかったような気がします。

 

 国民年金保険料のの請求書。(正確には納付書)

 

 平成17年から平成25年まで国民年金は毎年値上げしています。毎月払いの場合月額280円値上げすることが決まっています。(社会保険庁:17年4月から年金制度が変わります

 

 正直甘~い見通しの出生率を根拠に計算され運用も?な気がする国民年金。とはいえ日本の年金制度は下の世代が上の世代の年金の財源を支払うというものだから一応支払うことにしていますがね。現在給付されている障害年金の財源にもなっているわけだし。将来自分自身が実際にもらえるかどうかはワカランけど。

 

 年金の運用担当部局:厚生労働省年金年金財政ホームページ

 

 で、その支払わなきゃならない国民年金の保険料だけど少しでも抑えることができるものなら抑えておきたい。ということで昨年書いた国民年金の支払いで4000円トクをする方法をご覧ください。

 

 用意するものはファミマカードのみ。ファミリーマートの店頭でファミマカードを使って一年分を一括支払いすればいいわけです。

 

 ローソンパスではどうなのかな?どなたか教えてください。

 

 もっとも来年度からはコンビニに行かなくても直接クレジットカードで支払うことが可能になるようなので、また各種カードでオトクの度合いが変わってくるかもしれませんね。

 

 ネタ元→国民年金もカードでOK・厚生労働省が2008年をめどに:Garbagenews.com

| | コメント (0)

12月8日に思うこと

 明日12/9に箱館山スキー場がオープンする滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。スキー場開きは7日に行なわれていたんですけどね。

 

 ネタ元→京都新聞

 

 今日12/8は太平洋戦争が開戦した日。もちろんその通りなんですが、もうひとつ大事なイベントが。

 

 公務員の皆様はボーナスの支給日でございます。各報道によると自治体・職種などの条件にもよりますが平均すると大体100万円前後支給されています。いいな~。

 

 障害者手帳ももらえず、かといって通常の就職もままならないてんかん患者にとっては夢のような話ですな。

 

 もちろんそうしたボーナスに相応しい働きをした方はいっぱいいるだろうし、もっとボーナスをあげてもいいような働きをしている方もいらっしゃるでしょう。 

 

 だけどね、ホントにそれだけのボーナスをもらうだけの仕事していた?という人間も少なくない。特に厚生労働省。下級官庁の社会保険庁を含めて人件費に見合う仕事をしていたかな?どちらかというと国庫に損失をもたらしてばかりではないだろうか?

 

 現在、特に社会福祉の様々な負担増の理由とされているのは少子高齢化に伴う歳入不足。 ではその対策は?そんなの素人でもすぐわかる。ムダな支出を減らし、何とか工夫して税収を増やす。無理なく税収を増やすには国民一人一人の収入を増やす政策を取ることが不可欠。

 

 つまり何が言いたいかというと、てんかん患者の就業促進のために障害者手帳の制度運用を改善してくれということですよ。

 

 するとですね、「てんかん患者の就職→収入UP→収入増に伴い納める税金もUP→自活できる人が増えればその分福祉費用も削減できる→日本全体でこういう好循環が起きる→政府の財政も助かる」という展開が見込めるのですがね。

 いかがでしょうか。ボーナスを支給された厚生労働省の方々。ボーナスなんて夢のまた夢のてんかん患者のこの考えは。

「てんかん」のすべてがわかる本―治療と生活から心理・福祉まで Book 「てんかん」のすべてがわかる本―治療と生活から心理・福祉まで

著者:秋元 波留夫,河野 暢明
販売元:法研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (2)

無責任な広告に騙されるな

  来週の水曜日に女性を対象にしたがん検診(=乳がん・子宮頸部がん)が実施される滋賀県高島市に住むしろのすけです。

 

  がん保険に入っている方は加入後90日経過しているかどうか確認してくださいね。もしガン保険加入後90日経過していない場合、がんが見つかっても保険金は払ってもらえないですから。

 

  ネタ元→高島市ホームページ

 

  さてさてここ数日近未来通信についてのニュースが出ていますね。早い話がIP電話事業に投資したのにお金は返ってこない、経営者はトンズラして行方不明という話ですわ。

 

  当然のごとく新聞各紙もこのニュースも伝えていますが、その新聞に高配当をうたい文句に投資を呼びかける近未来通信の広告が頻繁に出ていましたよね。こういう事案が表面化するたびにいつも思うのですが、広告料をもらっていたメディアにも責任の一端はありますよね。

 

  ついでにその広告に出演していたタレントの皆さ~ん。一言あってしかるべきではないですか。ちなみにどんなタレントが出演していたかはこちらで→スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム

 

  さて何でこのブログで取り上げるかというと正直しろのすけも投資に興味があるからなんですよね。

 

  この会社に対してはNTTや電力系の光ファイバー(例えば株式会社 ケイ・オプティコム)が着々と整備されつつある状況を考えるならば、この会社だけが中継局の整備に対して投資を求めるというスタイルが「それは無理があるでしょ~?」と思ったので投資しなかったわけですが。

 

  ご存知の通り就職の機会(職種・会社の選択)が限られているてんかん患者にとって将来必要なおカネの確保という観点では投資という手段も考えられなくもないものです。

 

  もちろん投資ですから100%儲けがある元本が保障されるということはないわけですが、何もしないでお金を稼ぐことができるわけはないので検討の価値はあるかと考えています。

 

  しかしそれもまともな投資案件であることが前提条件。やたら高配当を強調したり不確定な要素(デメリット)を説明されていないようなものは話になりません。

 

  てんかん患者ご本人、あるいはご家族の方の中にも投資という手段でなるべく多くのおカネを確保しようと言うお考えの方もいらっしゃるかもしれません。それもアリでしょう。もっとも投資は自己責任なので慎重に。

 

眞鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし―チカラを抜いて、スローな投資生活を始めよう Book 眞鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし―チカラを抜いて、スローな投資生活を始めよう

販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

お好みの色は?

  先週に引き続き、明日の月曜日にNHK総合テレビ「鶴瓶の家族に乾杯で取り上げられる滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

  知人の知人の知人くらいの人が出演していましたね~。例えば友人の奥さんの叔母さんとか…

 

  ネタ元→NHK総合テレビ「鶴瓶の家族に乾杯 高島市ホームページ

 

  さて只今しろのすけ邸は外壁の塗装工事が始まろうとしています。築12年のしろのすけ邸。見た目にはあまり変化がないのですが、そろそろ再塗装の時期だそうでございます。

 

  あまり変化が無いように見えるのは外壁の色がベージュだから。確かに近所の家のブルーやアイボリーの外壁は数年ではっきり退色していたもんなぁ。

 

  確かに塗装の劣化は外壁のそのものの劣化をもたらし、ひいては家全体が痛んでしまう原因となってしまいます。

 

  で、しろのすけ父の決断。再塗装と塗装の色。またしてもベージュでございます。それはいいのですが、気になったのは次の一言。

 

  「次回の外壁の塗装はおまえがやれよ。」(=業者とのやり取りはもちろん、おカネをだすのもおまえだよ)

 

  う~む。次の外壁の塗装はおそらく10数年後。そのとき私は40代後半。両親は70代。そして家は築20数年。(30年近くなるかもね)

 

  その時の自分の状態、親の状況、家の状態、そして住宅事情はどうなっているのでしょうか?ま、とりあえず自宅のメンテナンス費用の名目で新たに貯金しなければならないようです。

 

細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座 Book 細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

金融消費者のためのファイナンシャル・リテラシー―株式・投信・預金・保険等で失敗しないための最低限の知識 Book 金融消費者のためのファイナンシャル・リテラシー―株式・投信・預金・保険等で失敗しないための最低限の知識

著者:楠本 くに代
販売元:近代セールス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ココがヘンだよ?保険証

   今日から9月定例市議会が開会された滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。(9/28までの予定)

 

   ネタ元→高島市ホームページ 高島市議会

 

   先日ここのブログで書いた国民健康保険の保険料納付日が今日までとなっていましたので行ってきました。市役所の最寄の支所まで。(てんかんナビ: 国民健康保険税の通知

 

   これから年度末の3月まで毎月支払うことになります。イタタタ…

 

   親と同居していてはいますが会計は独立採算制となっていますので(=扶養家族からは外れている)自前の保険証になっています。

 

   そこで1つギモンが。「被保険者=世帯主ではない場合でも保険証の名義が世帯主(ウチの場合父親)になっているのはどうして?」

 

   しろのすけ父は現在サラリーマンです。そのため勤務先の会社が加盟している健康保険組合の保険証を持っています。この保険証を使ってウチの両親は病院で診察を受けることができます。つまり国保の保険証を使うことはできません。ここまでは普通。

 

   ではその息子(しろのすけ)が親と同居してはいても扶養から外れている場合、その息子は国保に加入しなければなりません。ここまでも普通。

 

   で、その息子が国保の保険料を払っているのに同居しているというだけで保険証の表紙に記入されているのは世帯主の名前。(ウチの場合父親の名前ね)

 

   しろのすけの名前(もちろん本名)は保険証の内側のページの「被保険者の氏名」に書かれているだけ。

 

   何か違和感ありませんか?

 

   実際に保険料を納付している者としては被保険者の名前を保険証の表紙に書いていただきたい。

 

   病院で診察を受けると受付で保険証の確認をされますよね。担当の方が診察票を見て保険証の表紙を見て、「うん?名前が違うぞ。あっ、この人の名前は中に書かれているのね。」というリアクションをされるわけです。

 

   気にしすぎなのかもしれませんが、このリアクションは「へえ、まだこの人扶養されているんだぁ」と思われているようでイヤなんですよね。30過ぎのいい男(イケメンという意味ではない。あっ、分かっているって?)が扶養されているというのはもちろん社会的に言って良い評価ではありませんよね。事実は違うわけですが。

 

   同居の事実の有無に関係なく扶養を受けている人と扶養を受けていない人の保険証は別になっています。ならば保険料を納付している被保険者の氏名を表紙に明示すべきだと思うのですが。

 

   保険証ってどうしても世帯単位で発行しなきゃならないものなのかな?やっぱり行政事務の観点からは1人暮らしや結婚などで親と同居しなくなることが一人前という見方なんでしょうかね。

 

   これねぇ、確定申告のときに説明が面倒なんだよね。世帯主の名前で請求書も来るし領収書も発行されるから。しろのすけの収入を元に算定された保険料をしろのすけが払い、しろのすけ1人のための保険証。なのに表紙に記入されている名前は父親の名前。

 

   そりゃ税務担当の人も勘違いしますって。ですから「この国保の保険料は父親でなく自分の課税対象から控除されるべきものなんだ」ということをいちいち説明しなきゃならないのです。

 

   ヤッパリ何か変ですよ。ねぇそう思いません?、厚生労動省と高島市の担当の方。

 

   もし実はこういうことなんだと教えてくれる親切な方がいらっしゃったらコメント欄までお願いいたします。ハイ。m(uu)m

| | コメント (1)

より以前の記事一覧