« 栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について② | トップページ | てんかん患者にコンビニオーナーは務まるか »

栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について③

 自称(?)霊能力者が6100万円騙し取ったとして逮捕された滋賀県高島市に住んでいるしろのすけです。

 

 というかこれ1人の被害者からこれだけ騙し取ったのね…。あるところにあるんですねぇ。

 

 ネタ元→詐欺:霊能力者かたり、6100万円詐取容疑 高島署、女を再逮捕 /滋賀毎日jp

 

 まぁ鹿沼の事件からこっち、てんかん発作による意識障害下での人身事故の報道が目立ちますね。ある日突然同一原因の事故が増えるというのは考えにくいから、ひょっとして報道各社が今までどう書いていいものか戸惑っていたのが、鹿沼の事件を契機に報道しやすくなったと考えているのかな?

 それはそれで考えてしまうんですけどね。

 

 え~今回は一昨年の横浜と今回の鹿沼との共通の部分について考えてみたいと思います。

 

 それはつまり、家族の対応です。特に親のね。

 

 横浜では親の会社での仕事中に患者が死亡事故を起こしました。鹿沼のケースでは報道されていた通り(http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011042200632)母親がてんかんを隠して自動車を運転することを少なくとも黙認していましたね。

 

 で、その結果が皆さんご存じの通りですよ。

 

 ではなぜ親は患者である子供の運転を止められなかったのか?

 

 本人の供述や鹿沼の患者の母親の手紙からすると「運転できないと就職でない。もしくは失業してしまう。」という考えがあったようですね。それが動機の全てとは限らないかもしれませんが。もちろん他人様に危害を加える可能性について目をつぶることは決して許されることではありません。

 

 まあ確かに自動車の運転ができないというのは現代日本において結構なハンデですよ。都市部だとまだそんなにハンデを感じることはないかもしれないけど、地方に行けばクルマは生活必需品という見方が普通。

 

 そんな中クルマを運転しなくても済む仕事が少ないのもまた事実。いや地方はホントそうなのよ。かといって工場系は全部ダメだしね。

 

 じゃあただ手をこまねいて見ているだけ?どこからか幸運が転がり込むのを口を開いて待っているだけ?

  

 そういうわけにはいかないですよね。てんかん患者も健康な人と同じようにお金が必要だし。普通援助してくれる親は先に亡くなるし。何かしら収入を確保しなきゃならない。

 

 ではルールの枠内で何ができるか?それを一緒に探してやることや子供のの努力を見守ること、場合によっては方針変更も提案すること。これが本来の親としての責任でありしてあげられることなんだと思うのですけどねぇ。

 

 少なくとも鹿沼のケースでは患者は子供の頃からてんかんで通院していたというから、社会に出る直前・または社会に出て間もなく発症した人に比べたら準備期間という面では結構恵まれていたはずなんですけどね。けどそのチャンスはどうやら活かされていなかったようですね。被告の年齢を考えたら学齢期にネットでそこそこ情報をあつめることもできたでしょうに。

 

 間違った親の愛は子供を堕落させますよ。今回はホントに取り返しが付かない結果になってしまいました。

|

« 栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について② | トップページ | てんかん患者にコンビニオーナーは務まるか »

てんかん患者の親の方へ」カテゴリの記事

コメント

うちは19才の発症でしたが、ぎりぎり教習所通いを阻止できました。
目の前で倒れられた友人は、息子に「やめとけ」と言ってくれました。

先日の診察時に私が「やってはいけないことは?」と主治医に聞くと、
「限界量オーバーの薬でさえ、発作が1年無し・脳波安定が数ヵ月、免許は難しい。
一人の時に浴槽のお湯につからない、駅のホームでは線路から離れる、自転車に乗らない、かな。」

大学生を続けるために、「免許は諦めます」と 親として宣言してきました。
これが正しいと 言い切ることは、まだできないです。
息子の将来を狭めたようで、自信がありません。

投稿: 大阪府民 | 2011年5月24日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について③:

« 栃木県鹿沼市でてんかん患者が起こした死亡事故について② | トップページ | てんかん患者にコンビニオーナーは務まるか »